ほくろは美容外科で除去できる【気になってしまいがち】

重視するポイント

ほくろ

条件による違い

ほくろはチャームポイントにもなりますが、位置や大きさなどによってコンプレックスと感じる方も少なくありません。自分に自身を持つ為に、ほくろの除去を検討している場合、事前に知っておくと良い事が幾つかあります。第一に除去したいほくろの位置や、大きさ、深さ、色、個数などの条件によって適した施術を選ぶ事が挙げられます。更にほくろその物を完全除去したいのか、見た目重視で表面上除去するだけで良いかでも、施術法は変わってきます。例えば肌から突起したタイプの場合には、炭酸ガスレーザーで表面をフラットにすれば、見た目は綺麗になりますが深い部分に母斑細胞が残ると再発の可能性があります。メラニンに反応する痛みを伴わないレーザー治療が可能なほくろもありますし、術後の回復の早さはレーザー系と手術では違いがあります。このように条件や望む形によって変わる施術の適正をとる為には、信頼の出来るクリニックを選ぶ事と、事前のカウンセリングを入念に行い医師との意思疎通をしておく事が、必要不可欠な要素です。見た目重視であれば、ほくろを除去する場合のアプローチについては、ほくろの色の基となるメラニン色素を産み出す、肌の表面に近い部分の母斑細胞にレーザー系の施術が有効です。肌の深層部の母斑細胞はメラニン色素を産み出しませんので、肌から突起した部分を除去すれば色が消える仕組みになっていますが、再発の可能性は残ります。見た目だけでなく恒久的に再発も防ぎたい場合には、レーザー系の施術では働きかけられない肌の深層部まで、手術によって切除してしまう事が必要となります。表面上の除去であれば傷跡は浅く短期間で目立たなくなりますが、手術の場合には傷跡は深く目立たなくなるまで期間を要します。浅く小さなほくろの場合には、即効性のある施術を選ぶか肌のダメージや痛みの無い施術を選ぶかによって、大きく分けて二つのレーザー系治療があります。前者は炭酸ガスレーザーで、1、2回の施術で終わりますが局所麻酔が必要となり、術後一週間程度傷が残り化粧の制限などもあります。後者はスイッチアレキサンドライトレーザーで、麻酔の必要が無く化粧の制限などもありませんが、治療効果は控えめな為長い期間を要します。

Copyright© 2018 ほくろは美容外科で除去できる【気になってしまいがち】 All Rights Reserved.