ほくろは美容外科で除去できる【気になってしまいがち】

悩みをなくそう

女性

手軽にきれいになれる

ほくろが一度気になってしまうと、そればかりを考えてしまい笑顔になれません。そんな重いコンプレックスは手術でとても簡単に除去ができ、入院の必要がなく手軽です。その際にかかる費用は、ほくろの大きさや数そして施術方法で変わります。直径1ミリ未満の小さなものをくり抜いて縫合する方法なら、5000円からです。それ以上の大きさだとメスで切除して縫合することになります。だいたい5ミリ以上の膨らみのあるものだと、30000円以上かかります。そして電気でほくろを切開していく電気分解法なら、おおよそ10000円から30000円です。さらに炭酸ガスレーザーによる除去なら、小さいものだと5000円からで、状態によっては20000円ほどです。施術前に検査を受けて手術方法を決め、その上で見積もりをもらえれば納得してほくろ除去ができます。ほくろの除去はとても手軽で、場合によっては数分で終了します。その上術後の痛みもなく、日常生活に支障が出ないと評判です。何よりも長年の悩みから解放されて、気持ちも明るくなります。ほくろの除去手術後は、普段どおりの生活が送れるのが特徴です。また病院から説明を受けたケアをしっかり行うことでトラブルも起きません。手術をした当日は患部を濡らさないように注意し、翌日からは清潔に保つために優しく洗浄して処方されたクリームなどを塗ります。また傷口を保護するのに絆創膏を貼りますが、それも1週間ほどです。ほくろ除去をするとその部分はかさぶたになることがありますが10日前後で自然にはがれ落ち、赤みのある傷も徐々に目立たなくなります。そして手術後2週間ほど経過すればきれいな肌になります。また術後は跡を残さないためにも、生活する中で日焼けをしないようにケアすることが大切です。病院からは日焼けを防ぐテープなどを処方されるのでそれで保護します。患部が時間とともに乾いてかさぶたが自然にはがれれば、お化粧も普段どおりにできます。手術を受ける前にこのようなアドバイスを病院にもらっておくと、戸惑うこともありません。また少しでも気になることができたら、すぐに問い合わせをすれば傷の回復も早くなります。

Copyright© 2018 ほくろは美容外科で除去できる【気になってしまいがち】 All Rights Reserved.